紫外線は曇りの日の方が強いってのはウソ!なぜ嘘なのか

夏本番な季節。

そうなると
怖いのが紫外線ですよね。

美白が売り(!?)の私としては、
日焼けは避けたいところです。

この日焼け対策ですが、
実は曇りの日ほど注意が必要です。

曇りの日のほうが、
紫外線が強いなんていう話もありますからね。

少し解説してみたいと思います。

SPONSORED LINK

紫外線は曇りの方が強いというウワサ

雲っている日のほうが紫外線が強い
というウワサがあります。

結論から言えば、このウワサはです。

厳密には、
はっきり嘘ではないのですが、
大方、間違っていると思ってもらって構いません。

例外は薄曇りの時で、
この時は通常の太陽光以外に、
雲からの反射光が加わるため、
晴れの時に比べて紫外線が強くなるんです。

でも、
こういう時はそれほどありません。

そのため、
曇りの方が、紫外線が強いというのは、
あくまでウワサなんです。

 

快晴時と曇りの時はどれぐらい違うの?

By: you-sk

では、実際に快晴の時と曇りの時というのは、
紫外線ではどの程度、違うのでしょうか?

仮に快晴の時に
紫外線の強さを100%とした場合、
曇りの場合は60%程度となります。

ちなみに、
雨の場合は30%となります。

人によって
イメージより多いとか少ないとかあると思いますが、
曇りでも60%はあるんだなと思うことは
案外大切だったりします。

 

日焼け対策してないとやっぱり日焼けする?

先ほど、
曇りでも60%の紫外線はあると思うのが大切だ
と言いました。

それはなぜか?

曇りの日でも、
しっかりと日焼け対策をしないと日焼けしてしまうからです。

曇りだとどうしても日差しがないので、
日焼け対策を油断してしまう人がいます。

実はこれが落とし穴なのです。

そして、曇りの日のほうが、
紫外線が強いなんていうウワサがたつ原因でもあります。

曇りの日に日焼けするのは、
しっかりと日焼け対策が出来ていないためです。

なぜなら60%もの紫外線が出ているのですから。

曇りだと決して油断することなく
日焼け対策を行うようにしましょう。

そうすれば、
思いがけず日焼けしてしまった
なんていうことはなくなるはずです。

 

紫外線が強い時期や時間帯

紫外線は
年間を通して強い時期、
1日を通して強い時間帯
があります。

年間の中では、
5月~9月が強い時期となり、
ピークは6月~7月です。

また、時間帯としては、
太陽が昇る時期が強く、
時間としては10時~14時ぐらいになります。

この時間帯だけで、
1日の紫外線量のおよそ半分が降り注ぐ
と言われています。

この時間帯は
極力外に出るのを控えるようにすると良いです。

どうしても外出しなければならないのであれば、
日焼け対策を忘れずに。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)