しし鍋の美味しい作り方!味噌で作るレシピと丹波篠山のしし鍋。

なかなか普段、
しし鍋を食べることというのは、少ないのかな
と思います。

私はしし鍋好きなので、
家でも作るし、お店にも食べに行くのですが、
周りには
しし鍋を一度も食べたことがない
という人が多くてビックリ。

そこで、一肌脱ぎましょう!ということで、
しし鍋を作ってあげたら喜んでくれました。

その時のしし鍋レシピを紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

ウマイ!しし鍋

しし鍋
しし鍋が美味しいというのは、
あまり知られていないような気がします。

しし鍋のししというのは、
猪(イノシシ)のことで、
しし鍋は別名、ボタン鍋とも言われます。

このしし鍋ですが、
ししのお肉が何と言っても美味しいので、
好きな人はやみつきになること間違いなしです。

どうしても物によっては臭みがあるために、
初めて食べた時にそういったものに出会ってしまうと、
嫌いになるケースもありますが、
とっても、モッタイナイですね…。

調理方法がしっかりとすれば、
臭みは気にならないので、
絶対にしし鍋のウマさに気付くことが出来ると思うだけどな~
といつも思います。

 

しし鍋の美味しい作り方

しし鍋は自宅でも簡単に作ることが出来ます。

そこで、簡単にではありますが、
作り方をご紹介。

・猪肉を切り分ける
(切り分ける際、脂ですぐに包丁が切れなくなるので、こまめに脂を取り除きましょう。)

・切り分けたお肉を湯通しします。
・湯通し後、肉のアクを取り除きます。
(これで肉の下ごしらえは完了。)

・お湯にダシの元を溶かし、肉を投入します。
・お肉をことこと煮込みながら、他の具材の準備。
・大根、ごぼう、白菜、しいたけ、ニンジンなどの具材が準備出来次第、鍋に投入。
・ある程度、煮えたところで、味噌で味付け。
・完成。

作り方としては、
たったのコレだけです。

特別に難しいことは何もないので、
ぜひぜひ試してみて下さい。

猪の肉は脂が多いですが、
この脂が何よりの旨みです。

その旨みをぜひ味わってみて下さい。

 

丹波篠山のしし鍋

しし鍋と言えば、丹波篠山が有名です。

冬に行くと、たくさんのお店が立ち並ぶ中で、
どのお店で食べようかと目移りしてしまいます。

絶対に美味しいぼたん鍋を食べたいというのであれば、
やはり丹波篠山で食べるのが良いと思います。

初めて入る人はなかなか勇気がいるかもしれませんが、
お店を出てくる頃には、そんな思いも忘れているはずです。

お店によっては混雑している可能性もあるので、
事前に予約してから伺うのがオススメですね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)