風邪にりんごが効く!?どんな効果が?すりおろしを使ったレシピ。

りんごを食べれば医者いらず
なんていう言葉がありますが、
実際、りんごは非常に身体に良い食材です。

もちろん
風邪の時にりんごが効果的なのは言うまでもありません。

では、実際にりんごには
どんな効果があるのでしょうか?

そこのところを詳しく解説していきたいと思います。

また、りんごを食べる際に
便利なすりおろした時のレシピも一緒に紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

りんごの健康効果

By: Andrew Yee

りんごを食べれば、医者要らず
という言葉は、イギリスのことわざなのですが、
日本でも有名な言葉です。

それだけ
りんごには健康効果がある
ということになりますが、
実際にどうなのかを調べた研究結果もあります。

それは
イギリスの有名な大学のオックスフォードで行われたのですが、
りんごと一般的なで比較検討をしたのです。

結論としては、
りんごの健康効果は薬と変わらない
というものでした。

どんな薬でも薬には副作用があるために、
その点も加味すれば、
りんごのほうが優れているということになります。

この結果からも
りんごがいかに優れた食材であるかが分かると思います。

 

りんごの風邪に対する効果とは

By: Jun OHWADA

りんごは風邪の時にも効果的な食材になるのですが、
具体的にどんな効果があるのか?

その辺りを詳しく紹介したいと思います。

 

① 白血球の働きの活性化

風邪の時に摂取したい栄養成分として、ビタミンCは欠かせません。
りんごには、このビタミンCが豊富に含まれている他、吸収を促進する働きもあります。
そして、このビタミンCを摂取することで、白血球の働きを活性化させる力がありますので、
風邪の時にりんごは欠かせないのです。

 

② 身体を温める

フルーツを食べると、身体を冷やすと考えられていますが、りんごは違います。
むしろ逆です。
りんごは身体を温めてくれる効果があるのです。
風邪の時は身体を温めることが大切ですよね。
そのため、りんごは風邪の時にも食べたい重要なフルーツなのです。

 

③ 水分補給

風邪の時に注意したいのが、脱水症状です。
汗をかいたりして、何かと脱水の危険性が伴うわけですが、
りんごには豊富な水分が含まれているため、水分を補ってくれる効果があります。

 

④ 腸内環境の正常化

風邪の時は、胃や腸の調子が悪くなり、思うように栄養吸収出来ないこともあります。
この時に助けになってくれるのが、ペクチンという成分です。
りんごには、このペクチンが含まれているために、
消化と吸収を助けてくれ、腸内環境を整えてくれます。

 

⑤ 免疫力の増加

風邪で弱った身体に必要なのは、強い免疫力です。
そのために必要な栄養成分としてポリフェノールがありますが、りんごには100種類以上の
ポリフェノールが含まれています。

 

⑥ カリウムの摂取

身体に必要な成分であるカリウム。
働きとしては、水分と塩分の調整を行い、老廃物の排出をサポートしてくれます。
しかし、このカリウムは汗をかくことなどで失われがちです。
それを補う上でもりんごは優秀であり、失われがちなカリウムの補給を助けてくれます。
先ほど紹介した水分補給と併せて得られる効果なので、りんご1つで一石二鳥というわけです。

 

このように、りんごを食べることによって、
風邪に対するこのような効果を得ることが出来ます。

もちろん
りんごばかり食べていてはダメですが、
出来るだけ積極的に取りたい食材です。

また、食べ方としては、
皮も一緒に食べると良いです。

皮にも多くの栄養成分が含まれていますので、
捨ててしまうのはもったいないです。

ただ、どうしても消化の心配があるため、
食べ方としてはすりおろすなどすると良いでしょう。

 

すりおろしが良い?

By: Jules Morgan

りんごを食べるなら、
すりおろした方が良いです。

特に先ほども紹介したように、
皮まで食べるとより効果的ですので、
皮まで食べるのであれば
尚更すりおろした方が良いということになります。

そのまま食べるのが好きな人もいますが、
皮ごとそのまま食べるとなると、消化も良くなく、
胃に負担をかけてしまうことになります。

それに加えて、
すりおろしたほうが
免疫力をアップする酵素の量が増えることも分かっています。

風邪の時は、
この酵素はぜひとも取り入れたいところです。

そのため、
風邪の時は出来るだけすりおろした形で食べるようにしましょう。

また、すりおろす際に注意点があります。

それは
金属製のおろし器は使わない
ということです。

おろし器は金属製だという人もいますが、
りんごを金属製のおろし器ですりおろしてしまうと、
成分が変質してしまうことが分かっています。

それでは、せっかくのりんごを食べる効果が薄れてしまいますよね。

りんごをすりおろして食べる時は、
プラスチックや陶器のおろし器を使いましょう。

 

すりおろしを使ったレシピ

By: Tatsuo Yamashita

すりおろしたリンゴはそのままでも十分に美味しいですが、
レシピを工夫すれば、様々な食べ方が出来ます。

そこで、
いくつかすりおろしリンゴを使ったオススメレシピを紹介します。

 

⑴ すりおろしリンゴのヨーグルト和え

非常にシンプルなレシピです。
すりおろしたリンゴをプレーンのヨーグルトに和えるだけ。
でも、たったのこれだけでもガラっと雰囲気が変わりますね。

詳しいレシピはこちらです。
クックパッド
http://cookpad.com/recipe/1703506

 

⑵ ジャムとリンゴのラッシー

リンゴジュース、リンゴ、イチゴジャムで作るラッシー。
こちらも風邪の時でもサクっと飲めちゃいます。
作り方も簡単なのが、オススメです。

詳しいレシピはこちらです。
→クックパッド
http://cookpad.com/recipe/810516

 

⑶ 簡単ドレッシング

すりおろしたリンゴの甘みを用いたドレッシングになります。
塩分控えめなので、気になる方にもオススメ。
ただ、体調が悪い時は、作るのはちょっと大変かもしれません。

詳しいレシピはこちらです。
→クックパッド
http://cookpad.com/recipe/3726272

 

⑷ オランジーナとすりおろしリンゴ

実は、数あるレシピの中で一番オススメなのがコチラ。
ジュースのオランジーナにすりおろしリンゴとキウイを浮かべて完成です。
何とも言えない美味しさが病みつきになります。
このレシピは風邪じゃない時でも、リンゴを買ってきてはたびたび飲んでいます。

詳しいレシピはこちらです。
→クックパッド
http://cookpad.com/recipe/3212364

 

今回は、
風邪ということもあって、
どれも比較的、簡単なものばかり紹介しました。

風邪の時、
ちょっとした工夫で美味しく食べれるレシピばかりです。

もちろん普段、
食べたり、飲んだりする上でも満足出来るレシピですので、
ぜひぜひ試してみて下さい。

 

風邪以外の効果は?

By: alexisnyal

風邪の時には抜群の効果を発揮するリンゴですが、
風邪以外の時にも様々な効果をもたらしてくれます。

では、具体的にどんな効果があるのか?

歯を白く健康に
リンゴには、口の中を健康に保つ効果があります。
歯も白く健康にしてくれますので、
綺麗になりたい人にリンゴはオススメです。

 

糖尿病のリスク低減
リンゴには水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。
これにより、血糖値の乱高下をやわらげてくれるために、
糖尿病のリスクを低減するのです。

 

コレステロールの低下
リンゴにはコレステロールの低下をサポートしてくれる効果があります。
リンゴに含まれるペクチンがその役割を果たすわけですが、
脂肪分と結合することにより、値を下げる働きがあります。

 

肝臓のデトックス効果
リンゴには肝臓の働きを助ける効果も備わっています。
そのために、お酒を飲み過ぎた次の日などにリンゴを食べるのは効果的。
ついつい飲み過ぎちゃうという人は、常備は必須ですね。

このように
リンゴには風邪以外でも欲しい効果がたくさんあります。

風邪の時だけと言わず、常日頃から積極的に取りたいですね。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)