放し飼い鶏の卵は何が違う?フリーレンジの効果とは。東京,大阪で購入するには?

普段、何げなく食べている卵ですが、
実は飼い方によって微妙な違いがあります。

1つの例としては、
放し飼いというのがあって、
フリーレンジとも呼ばれる方法です。

この放し飼いで飼育された鶏の卵は
一部で非常に注目されている卵です。

では、
放し飼いの鶏の卵は
一般の卵とは何が違うのでしょうか?

そもそも一般の卵とは?

卵についてあれこれ紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

放し飼い(フリーレンジ)とは

そもそもですが、
鶏はどのように飼育されているかご存知でしょうか?

のびのびと放し飼いされている
と考えている方もいるかもしれませんが、
それは残念ながら多くの場合、間違いです。

ほとんどのケースにおいて、
鶏はゲージの中にぎゅうぎゅう詰めの状態で、
飼育されています。

そこで、ひたすら毎日、卵を産むわけです。

これはいわゆる一般の卵です。

一方、放し飼いというのは、
自由にのびのびと生活出来るような環境で飼育することです。

小屋の中や屋外にも自由に出ることが出来るため、
ストレスが少ない環境下で飼育出来ることになります。

鶏本来の持つ本能行動などにも制限がないため、
大自然の中で飼育しているような形となります。

 

放し飼いの鶏の卵って何が違うの?

放し飼いの卵とそうでない卵、
育て方が異なるのであれば、
卵も何か違うのでしょうか?

結論から言えば、
科学的に証明される大きな差異はありません。

多少、栄養素に違いがあると言われていますが、
優劣はつけがたく、放し飼いに多い栄養素があれば、
一般の卵に多い栄養素もあります。

つまり、
消費者が直接的に得られる効果というのは、
特にないということになります。

一部では、
放し飼いの鶏の卵のほうが、ストレスもなく、
快適な環境で生活しているため、美味しいと言われています。

ただ、一方で眼隠しをして食べ比べてみると、
放し飼いも一般も味に大きな優劣はないという実験データもあります。

そのため、
確実に放し飼いのほうが良いとは言えないのです。

唯一、違いがあるとすれば、動物への愛護精神です。

かたやゲージにぎゅうぎゅう詰め、
かたや放し飼いですから、
動物愛護精神からすれば、
圧倒的に放し飼いの卵のほうが良いですよね。

このように
放し飼いと一般の卵、その違いは難しいところです。

 

東京・大阪でこの卵を購入するには

東京や大阪などで、放し飼いの卵を購入する場合、
色々な方法がありますが、
簡単な方法としては、スーパーなどでも買えます。

私が住んでいる大阪では、ikariというスーパーで、
放し飼いの卵を購入することが出来ます。

きぬたさん家の・・・という卵ですが、
それほど高くなく、
手軽に手に入ることもあって、ついつい買っちゃいますね。

東京・大阪問わずに買えるのは、ネットです。

最近は何でも買えますからね~。

たまごの丸金
http://www.malucane.co.jp/products/nouka.html

ここでは放し飼いされた卵を購入することが出来ます。

ネットでも評判の卵ですね。

ネットで購入するならば、こちらの卵がオススメです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)