強迫性障害の原因はストレスやトラウマ?親の影響あるのか?

強迫性障害の原因は
ストレスやトラウマにあるなどと
様々言われています。

自分の育ってきた環境が影響して強迫性障害になった
と感じている方も多くいます。

強迫性障害の原因はどこにあるのか?
また、
どういった方が強迫性障害になりやすいのか
などを説明したいと思います。

SPONSORED LINK

強迫性障害になりやすい人

強迫性障害になりやすい人と
なりにくい人というのは
「傾向」から分類することが出来ます。

強迫性障害になりやすい人はこういった方です。

 ・完璧主義の人
 ・過大評価をしてしまう人
 ・責任の過大評価をしてしまう人
 ・仕事熱心の人
 ・頑固な人

こちらの動画では
強迫性障害について解説してくれていますが、
2分ぐらいのところで
同じようにどういった方が
強迫性障害にかかりやすいのかっていうのが解説されています。

【「強迫性障害」の最新治療】

総じてまじめに考え過ぎてしまう人が
強迫性障害になりやるいのではないかと思います。

まじめに考え過ぎてしまった結果、
それがストレスとなり、
強迫性障害を発症してしまうのではないでしょうか。

関連記事:強迫性障害な有名人は誰?

 

原因は何?

強迫の原因
強迫性障害が発症する原因は
いくつかの原因が絡み合って発症すると言われています。

それらのいくつかの原因が下のものとなります。

 ・脳内ネットワークの障害
 ・基本的な物事への考え方
 ・ストレス

これらの要因が絡み合って強迫性障害となって発症します。

特にストレスは大きな原因になるケースも多く、
ストレスを発散するものを見つけた途端に
強迫性障害が解消されたというケースもあります。

 

ストレスやトラウマは?

ストレスが強迫性障害の原因になることについては説明しましたが、
「トラウマ」もまた強迫性障害の原因になると言われています。

過去の経験から考え方が固定化し、
それがストレスとなり強迫性障害となるケースもあるようです。

トラウマは
過去の経験に基づいているものであるため、
トラウマが原因で強迫性障害を発症した場合、
そのトラウマについてもしっかりと考える必要があります。

 

厳しい親も関係ある?

By: Hungju Lu


厳しい親に育てられると

強迫性障害になるとは言えません。

厳しい親に育てられたとしても、
強迫性障害とは
まったく関係ない生活をしている人もたくさんいます。

ただし、
厳しい親に育てられた中で
トラウマを持ってしまうことになったケースなどでは、
厳しい親がスタートだったと考えることが出来ます。

強迫性障害を乗り越えるためには、
この辺りの原因をしっかりと追及することも、
解消するためのポイントになります。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)