目黒のさんま祭り 2016日程と場所。由来と混雑状況について

毎年、多くの人が訪れる目黒のさんま祭りですが、
2016年も多くのお客さんが来る予想ですね。

2016年の目黒のさんま祭りの
日程や場所、気になる方も多いのでは?

由来や混雑状況も含めて、解説したいと思います。

目黒のさんま祭りとは

目黒のさんま祭りと聞いて、
どうして「目黒でさんま?」と
不思議に思ったことはありませんか?

これは江戸時代、目黒に来た殿様が、
お供がお弁当を忘れたことをきっかけに、
さんまを食べる話が由来です。

当時、さんまは庶民が食べる食べ物だったわけですが、
初めてさんまを食べた殿様は
その美味しさに大喜びしたと言われています。

後日、改めてさんまを出させた際は、
周りのものは気を使い、
しっかりと処理したものであったため、
本来の味を味わうことは出来ませんでした。

その時、殿様は目黒で食べたさんまが忘れられず、
目黒のさんまを持って来い!
と言ったと言われています。

この古典落語をきっかけに、
さんまの美味しさを伝えようと、
目黒ではさんま祭りが開催され、
毎年、無料でさんまが提供されています。

目黒のさんま祭りは大きく
「目黒のさんま祭り」と「目黒のSUNまつり」があり、
そのどちらでもさんまが提供されているのです。

今ではすっかり秋の風物詩となっています。

 

2016年の日程と場所

2016年のさんま祭りですが、
それぞれの日程と場所は下の通りです。

【目黒のさんま祭り】
日程:2016年9月4日
場所:目黒駅前商店街

 

《目黒SUNまつり》
日程:2016年9月18日
場所:ふるさと物産展、おまつり広場、子供広場

どちらも9月に開催され、
それぞれ違う週に行われますので、
好きな方はどちらにも参加します。

露天なども出店されますので、
さんま以外でも楽しむことが出来ますよ。

 

混雑状況について

さんま祭りは
どちらもさんまが無料で提供されるとあって、
非常に混雑します。

実際、さんまを食べようと思ったら、
かなり過酷な状況を覚悟しなければなりません。

早い人では早朝から並び始めますし、
数時間待ってようやく食べることが出来る
というのは当たり前になりつつあります。

さすがに4時間と言われた時はビックリしましたが、
いかに混雑するかが分かるのではないかと思います。

また、9月とは言え、まだまだ暑い季節なのは間違いありません。

そんな中、
長時間並ぶというのは熱中症などの危険性もあります。

並ぶ際は時間を潰せるアイテムを持つことはもちろんですが、
熱中症にならないための対策
もしっかりとしていくことが大切です。

先ほども紹介しましたが、
露天の他、イベントも様々開催されますので、
様々な楽しみ方が出来ます。

さんま以外を目的に行くのも十分にアリですよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です