アスパラガス 冷凍保存の法則と鮮度落とさない為のひと工夫

たくさんもらえると嬉しいアスパラガス。

我が家では親戚の家から
毎年、たくさんのアスパラガスを頂きます。

旬のアスパラガスは
美味しい食べ方が色々あって、
非常に嬉しいのですが、
どうしても食べきれずに余ってしまいます。

そんな時に役立つのが冷凍保存ですね。

これが上手く出来るかどうかで、
余ったアスパラガスが美味しく食べれるか変わります。

そこで、今回は、
美味しく保存出来るアスパラガスの冷凍方法を紹介します。

アスパラガスの保存

我が家では時たまあるのですが、
アスパラガスをたくさん貰うことがあります。

貰った日や次の日ぐらいは良いのですが、
そのうちだんだん飽きてきて、
一旦、アスパラガスを置いておきたくなるんです。

そうなると、
困るのがアスパラガスの保存なのですが、
どうしても痛みが早いために、
冷蔵庫に入れっぱなしというわけにはいきません。

せっかくのアスパラガスがもったいないですからね。

そこで役立つのが冷凍保存の方法であり、
冷凍したものを美味しく食べるために解凍する方法になるのです。

 

アスパラガスの冷凍保存の方法

アスパラガスの冷凍保存ですが、
ちょっとしたコツがあります。

ただ、単純に
冷凍庫に入れれば良いというわけではないのです。

そのコツというのは、
事前の下茹でです。

具体的な方法としては・・・

  • アスパラガスを食べやすい大きさにカットする
  • 塩を多めに入れた水を沸騰させる
  • 沸騰させたら、アスパラガスの固い茎の部分だけ先に入れる
  • 10秒ほど茹でたら、全部投入する
  • アスパラガスの色が鮮やかになってきたら鍋からあげる
  • 鍋からあげたアスパラガスをすぐに水気を取って、冷凍庫に入れる

これで
アスパラガスの冷凍保存の完成ということになります。

ちなみに、
何もせずにそのまま冷凍庫に入れると、
解凍した時に美味しくなくなってしまうので注意しましょう。

また、冷凍した場合の保存期間ですが、
出来るだけ早めに食べるほうが良いです。

我が家では
2週間ぐらいが限度だと考えて献立を考えていますが、
保存だけであれば、
1か月ぐらいは食べることは可能です。

 

美味しい解凍の方法

冷凍保存したアスパラガスを食べる時ですが、
解凍する時は、常温で解凍するのではなくて、
冷蔵庫でゆっくり解凍すると良いです。

そうすると
柔らかくなりにくいので
生で美味しく食べることも出来ます。

スープなどに使う場合は、
常温で戻したり、凍ったまま鍋に入れても問題ありません。

炒め物などをする時は、
冷凍庫から出してパパっと投入しちゃえば楽です。

冷凍保存するときにカットしておくのは、
こういった使い方の時にひと手間省くためだったりもします。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です