なぜアスパラガス食べると尿のにおいがキツくなるのか?

食べると美味しいアスパラガスですが、
ちょっとした難点があります。

それは
食べた後の尿のにおいがキツくなる
ということです。

これがなければ良いのになって思うのですが、
キツくなるのは避けられないんですよね。

では、
どうしてアスパラガスを食べるとキツくなるのか?

気になるところを説明したいと思います。

アスパラガスの時期

By: yoppy

まず、始めに紹介するのは、
アスパラガスの美味しい時期についてです。

国内では様々な地域で栽培されていますが、
やはり何と言っても、最大の生産地は北海道となります。

この北海道で栽培されるアスパラガスの時期は、
6月ぐらいになります。

そのため
市場に出回るのもこれぐらいが一番多いですね。

北海道の他には、
長野や佐賀、長崎などでも栽培されていますが、
南に下るほど気候が暖かくなる関係から、
時期は1か月ほど早まり、5月ぐらいとなります。

 

アスパラガス食べるとナゼ尿が臭くなる?

では、気になる本題に。

アスパラガスを食べると尿が臭くなる理由ですが、
これは
アスパラガスに含まれる成分に由来しています。

具体的な成分については、
研究者の中でも論争が繰り広げられているということで、
ここでは割愛しますが、

その成分を分解したときに発生する成分によって、
尿の臭いがキツくなるのです。

ただ、
このアスパラガスを食べた後の尿が臭くなるという話ですが、
そうだよね!って賛同する人もいれば、
何言っているの?と言う人もいます。

ここがこの話の面白いところで、
実はこの嫌な臭いというのを
嗅ぎ分けられる人というのは、限られています。

遺伝的には、
5人に1人程度の割合でしかいないとも言われているため、
実は周りに言ってもあまり賛同されないネタなのです。

むしろ、
臭いをかぎ分けられる人は
貴重な人材とも言うことが出来ます。

もちろん現時点で、
臭いの嗅ぎ分けが出来る出来ないによって、
何か不都合な点があるなどということはありませんので、
嗅ぎ分けられなくても特別ショックを受けなくてもOKです。

 

匂いを防ぐ方法は?

次に、
アスパラガスを食べた時の臭いを防ぐ方法ですが、

残念ながら、
今は有効な手段というのはありません。

そのため、
どうしても臭いが気になるという方は、
外で食べるのは避けたほうが良さそうです。

ただし、
アスパラガスと同等の栄養素ということであれば、
カラーピーマンを食べるのがオススメです。

こちらであれば
食べた後に臭いが出ることもありませんので、
安心して食べることが出来ます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です