電解質異常の症状と原因。痙攣にはどんな治療をする?

電解質異常では
痙攣の症状が伴います。

他にも様々な症状が伴いますが、
基本的な治療としては点滴になりますね。

電解質の補給
というところだと思いますが、
そもそも補給が必要になってしまう
電解質異常の原因は何でしょうか?

症状と合わせて調べてみたいと思います。

SPONSORED LINK

電解質とは

By: Go Imai

電解質というのは、
別名でイオンとも呼ばれています。

マイナスイオンというのを
聞いたことがある人もいると思いますが、
そのイオンが電解質になります。

この電解質は
体の中の水分に含まれており、
様々な役割を果たしてくれています。

この電解質のなければ、
人は正常に生きられないと言っていいほどです。

ただ、
だからと言って量が多すぎるというのも、
あまり良くはありません。

一定のバランスが取れた状態がベストになります。

そして、この電解質ですが、
代表的なものとして、
ナトリウムやカリウム、マグシウムがあります。

栄養素としてはミネラルに属すわけですが、
これらの電解質がそれぞれ、
浸透圧の調整や筋肉の収縮など、
各々の役割をはたしているわけです。

 

電解質異常の症状

電解質異常が起きると
体には様々な症状が表れます。

先ほども説明したように、
電解質はそれぞれ体の機能を担っていますので、
それらが機能しなくなるということです。

最悪、命に係わるようなこともあるため、
油断は許しません。

そんな電解質異常ですが、
症状としては、下記のようなものがあげられます。

 ・傾眠
 ・意識障害
 ・嘔吐
 ・脱力感
 ・意識障害

これらの症状が出たら電解質異常を疑ってみると良いかもしれません。

傾眠(けいみん)は、
声をかけると意識はありますが、
すぐに朦朧(うとうと)としてしまう状態です。

睡魔に襲われている
と勘違いしてしまうこともあるようですが、
傾眠はそれよりもずっと酷く、
朦朧としており、直前の記憶などもないことがあります。

 

電解質異常の原因

By: slayer

電解質異常が起こる原因としては、
体の中の水分バランスが崩れることにあります。

たとえば
脱水症状や下痢などがそういった要因になりますが、
こういったことが起きることで、
電解質異常につながります。

また、重病の方や、
食生活のバランスが悪いと、
電解質異常を引き起こすケースもあります。

電解質異常を防ぐためには、
水分をしっかり取り、
バランスのとれた食生活、
しっかりと休息をとる
など基本的なことが大切となります。

 

痙攣が起きたらどうする?

実際に電解質異常で痙攣が発生したらどうするのか?

するべきことは
足りない電解質を補うことです。

点滴による治療が一般的ですので、
まずは治療するためにお医者さんに見てもらいましょう。

症状が軽い場合や
電解質異常が疑われるものの
はっきりしない場合は、
治療の前に、安静にし、水分を補給しましょう。

この時、
ミネラルを多く含んだドリンクを飲むと効果的です。

それでも症状が治まらないときは、
治療のために病院に行くのが良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)