エナジードリンクの危険性!モンスターはヤバい!?栄養あるの?

コンビニでよく売られているエナジードリンクですが、
私もちょくちょく飲みます。

でも、最近、
エンジードリンクを飲みすぎると良くない
という話を聞いて、
飲むのが怖くなってきました。

特にモンスターが好きなのですが、
エナジードリンクそのものは危険なのでしょうか?

そもそも栄養素とか何が含まれているのでしょう?

SPONSORED LINK

エナジードリンクの危険性

By: Naoharu

オシャレなCM、
コンビニなどで手軽に買えることもあり、
エナジードリンクを愛飲している人は多いです。

私もそんな中の一人です。

ただ、
エナジードリンクについてよくよく調べているうちに、
飲むのが少し怖くなってきました。

なぜなら、
エナジードリンクには
リスクがたくさん含まれているからです。

先日、
エナジードリンクの飲み過ぎで亡くなった方がいましたが、
カフェインの取りすぎということでした。

エナジードリンクには、
興奮剤としてカフェインなど様々なものが含まれています。

その効果によって元気になったり、眠気が覚めるわけですが、
これはあくまで一時的に過ぎないということです。

中毒になってしまうと、
許容量を超えるカフェインを摂取することになったり、
糖分を大量摂取することになります。

その結果、
最悪の結末である命に関わったり、
糖尿病などの原因になってしまうのです。

 

モンスターっていうエナジードリンクはヤバい?

危険性が分かったところで、
もう少し具体的に考えてみます。

モンスターが好きなので、
モンスターについて考えてみますが、
様々な種類がある中で、
ベーシックなタイプのものには、カフェインが140mg含まれています。
(他のエナジードリンクの場合も、カフェイン量で考えてみて下さい。)

カフェイン中毒について考えた場合、
1時間で体重1kg辺り、6.5mg以上摂取すると、
半数の人が中毒になります。

例えば、
体重50kgであれば、
カフェイン量は325mgです。

これをモンスターに含まれているカフェイン量で割ると・・・

325 ÷ 140 = 2.3本

つまり、
2本とちょっと飲むと危険だということです。

もちろん、
1時間以内にモンスターを2本も飲むことはありませんが、
喉が渇いた時など、
ゴクゴクっといってしまう人もいそうですよね。

そう考えるとモンスターのヤバさ、
エナジードリンクのヤバさが分かると思います。

くれぐれも飲み過ぎには注意です。

あくまで非常時の飲み物だと理解した上で
飲まなければなりません。

 

エナジードリンクの栄養とは

最後に
エナジードリンクの栄養について少し説明します。

ここまで説明してきたカフェインはもちろん含まれていますが、

コーラなどのソフトドリンクの14倍程度になります。

これだけでも
どれだけ入っているか分かりますよね。

また、エネジードリンクに付き物なのが、
アルギニンです。

栄養ドリンクにはタウリンが含まれていますが、
清涼飲料水であるエナジードリンクにはいれることが出来ないため、
このアルギニンが代用として使われています。

このアルギニンの効果によって、
血流改善成長ホルモンの分泌が促されます。

こういった栄養から
一定の効果が得られるエナジードリンクですが、
何度も言うようにくれぐれも飲み過ぎには注意です。

小さい子供が摂取すると
行動障害などを引き起こすともいわれています。
色がとてもえげつないモンスター

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)