急性呼吸窮迫症候群の症状と原因は?どんな治療法?犬も起こる病気?

急性呼吸窮迫症候群という病気をご存知ですか?

これは現在に潜む非常に怖い病気なんです。

私も病気について勉強している中で、
この病気について知りました。

急性呼吸窮迫症候群について
興味のある方、詳しく知りたい方は読んでみて下さい。

簡単ですが、まとめてみました。

SPONSORED LINK

急性呼吸窮迫症候群の症状とは

まず、急性呼吸窮迫症候群が何かっていうのを知るために、
次の動画をご覧ください。

【急性呼吸窮迫症候群(ARDS)とは?をわかりやすく】
https://youtu.be/429CdkRh1ho

これは
急性呼吸窮迫症候群について簡単に説明した動画です。

数分程度の動画なので、
時間がない方もサクっと見れると思います。

具体的な症状や死亡率などが解説してありますので、
概要を掴むのには便利です。

さて、その症状ですが、
重度な呼吸疾患を発症します。

死亡率は非常に高く
35~65%とまで言われています。

治療が困難な病気になりますが、
これはまだまだ未解明な部分が多いためです。

これだけ聞いても、
いかに恐ろしい病気かということが分かるのではないでしょうか。

 

急性呼吸窮迫症候群の原因は

急性呼吸窮迫症候群の原因についてですが、
これは初期症状から考えると分かりやすいです。

初期症状としては、
毛細血管の損傷になりますが、
これが急性呼吸窮迫症候群の原因と言えます。

では、
どのようなことをキッカケに毛細血管の損傷が起きるかというと・・・

・敗血症
・肺炎
・外傷
・膵炎

これらがあげられます。

一言で言えば、
何か身体に大きな影響があったタイミングとも言えます。

もちろんちょっとやそっとの影響ではなく、
上にあげたような大きなものになりますが、
こういった症状を原因に、
急性呼吸窮迫症候群が発症することとなります。

 

急性呼吸窮迫症候群の治療法

急性呼吸窮迫症候群の治療法ですが、
薬物投与の治療が基本的になりますが、
原因となる症状の改善を目指しつつ、
急性呼吸窮迫症候群の治癒を目指すことになります。

昨今では、
人工呼吸による肺の管理が行われるようになったことから、
生存率が改善しています。

かつては、
治療の見込みがなかったものの、
少しずつその道が開けてきていると言えます。

 

犬にも起こる病気?

急性呼吸窮迫症候群については、
人間だけではなく、
動物でも起こりうる病気となっています。

症状等については、人間と同様ですが、
犬などの動物でやっかいなのは、
意思を発せないということになります。

そのため、急性呼吸窮迫症候群になり、
気付かないうちに亡くなってしまったというケースもあるのです。

ここは飼い主の方が日頃の様子を観察し、
様子がおかしいと思ったら調べるなどの対処が必要です。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)