簡単!キャンプ料理おすすめはこれ!朝食や子供向けのレシピも紹介

夏休みに子供達を連れてキャンプをしようと考えています。

キャンプというと様々なことが学べるので、
教育としても有効かなと思ってます。

普段コンクリートに囲まれている生活から
離れるだけでも有意義ですよね。

そんなキャップで料理を予定していますが、
どんな料理が良いのでしょう?

出来れば失敗しないような料理がないか探してみます。

SPONSORED LINK

キャンプで調理する学び

普段の料理であれば、
キッチンがあって、そこにはまな板や包丁、
ガスに水など様々なものがあります。

そういったところで行う料理っていうのは、
不便なものはなく、
ただ調理するということのみに集中出来ますよね。

しかし、これがキャンプとなれば違います。

火は炭をおこすところから始まりますし、
水だって汲んでこなければありません。

そういった不便な場所で
行う調理だからこそ学べることっていうのはたくさんあります。

この学びがキャンプの1つの目的だったりします。

 

キャンプ料理のおすすめ

キャンプ料理から学べることはたくさんありますが、
だからと言って失敗したいわけではありません。

せっかくなら美味しいものをお手軽に食べたい!!

私は怠惰な気持ちもバッチリ持ち合わせているわけです(笑)

そこで、そんなワガママさんも大満足な、
キャンプ料理にオススメなメニューを紹介します。

 

【 はんごうで炊くご飯 】

ただの白飯でしょってバカにすることなかれ。

はんごうで炊いたご飯っていうのは、
いつものご飯とはまったく違います。

特別難しいこともなく、
はんごうに書いてある分量でお米、
水を入れて、火にかけるだけです。

途中、火の加減が必要ですが、
火を調整するのではなく、
火からの距離で調整すると上手くいきやすいです。

 

【 魚の塩焼き 】

これも家で食べるとどうってことないのですが、
竹の棒に刺した魚を焼く塩焼きは非常に美味しいですね。

こんがりと焦げ目がつくぐらいに焼くと、
皮がパリパリしてオススメですよ。

子供達も普段、
魚を竹の棒に刺して食べることはないので、
いつも以上に美味しく食べてくれます。

 

【 ホイル焼き 】

お肉や魚をアルミホイルで巻いて、
炭の中に入れておいて作るホイル焼きもオススメです。

我が家でやる時は、
お肉にチーズなどをふんだんに入れてやります。

そうすると
開けた時の中のチーズがトローって溶けて、
アツアツで美味しいですよ。

ホイル焼きをやる時は様々な方法がありますが、
炭の中に入れて作る時は、
終盤の火が落ち着いてきたころに入れないと、
アルミホイルが真っ黒になるのでご注意を!

いくつか紹介しましたが、
これらのメニューはオススメです。

簡単ですから失敗も少ないですし、
どれも美味しく頂けるものばかりです。

ぜひぜひお試しあれ。

 

朝食におすすめなものは?

先ほど紹介したメニューはどちらかと言えば、
夕食向けのメニューでした。

これが朝食となれば、
メニューもまた違ってきます。

朝はガッチリ料理するのも面倒ですから、
簡単なもので済ませるのがオススメです。

そんなオススメメニューの中でも一押しは
ホットドックです。

作り方は簡単で、
パンにウインナーを挟んで、
炭火で焼くだけです。

焼くと言ってもあぶる程度で十分です。

こうすることで、
熱々のホットドックをすぐに作ることが出来ます。

これだと準備する手間も少なくて良いですよ。

 

子供が喜ぶレシピは?

せっかく子供達の行くのであれば、
レシピは子供達が喜ぶものにしたいですよね。

そんな子供達が喜ぶレシピとしては、
カレーが定番ながら一番オススメです。

1つ1つの作業が簡単で子供達で出来るほか、
メニューとしても子供達には大ウケですよね。

隠し味を自分たちで考えさせたりすると盛り上がります。

ただ、変な隠し味を入れて
味が台無しにならないようにだけ見守りましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)