熊野花火2016渋滞スゴい!?場所取りと臨時列車出るほど。駐車場情報も

熊野の花火大会
毎年、酷いことになっちゃってます。

毎年、渋滞にはウンザリするのですが、
それでも楽しみで行っちゃいます。

それだけ魅力があるってことですかね。

場所取りなんかも気合入れないとダメですからね。

どんな場所取りしているか、ちょっと教えちゃいます。

SPONSORED LINK

熊野花火の歴史

By: Lonnie

それは300年前のことです・・・

熊野花火について、
年配の方に聞くとこんな感じでスタートします。

起源は、初精霊供養であげられていた花火です。

その文化が今も引き継がれており、
最初に必ず供養が行われています。

東日本大震災の追善も加えられたこともありました。

今では、
美しい花火を目当てに訪れるお客さんも多いですが、
その歴史はあくまで供養から始まったのです。

 

熊野花火2016の渋滞予想

熊野花火大会は、非常に渋滞します。

恐らく初めての人であれば、
予想を超える渋滞でしょう。

特に混雑するのが、国道42号です。

この道には、
駐車場から出た多くの車が殺到しますので、
出来るだけ避けたほうが無難です。

ちなみに、どれぐらい混雑するかというと、
渋滞の長さ20キロ程度、
渋滞解消は日が変わった後になるほどです。

いかに渋滞するかが分かりますよね。

迂回路もありますので、行く時以上に、
帰る時にどのルートを使うのかは、
しっかりシミュレーションしておきましょう。

私は、
花火までの待ち時間の間に、調べたりしています。

混雑を覚悟するのであれば結構ですが、
少しでもと思うなら迂回路がオススメです。

 

場所取りどーする?

By: bm.iphone

熊野花火大会の勝負はコレです。

いかに良い場所を確保することが出来るのか!?

ただ、
会場である七里御浜は、日本一の長さを誇る海岸ですので、
案外、場所取りには困らないかもしれません。

とりあえず、
見れれば良いという人にとってはなおさらです。

カメラで収めようとするのであれば、
国道沿いに三脚を立てる必要がありますし、
必然と多く三脚が立っている場所がベストスポットです。

そういった場所を狙うのであれば、
昼からスタンバイしましょう。

私のオススメは、砂浜から見ること。

砂浜の階段に座っている人も少なくありませんが、
せっかくの海岸ですので、
砂浜から見る花火っていうのも悪くないですよ。

砂浜でさざ波の音を聞きながら、
花火を鑑賞するというのは、最高の贅沢だと思います。

 

臨時列車と駐車場について

By: Kuruman

渋滞について先ほど説明しましたが、
駐車場も、もちろん大混雑です。

会場に近い駐車場から埋まっていきますし、
場合によっては、だいぶ遠い駐車場になることも・・・

心配なら早めの会場入り、
具体的には、お昼ぐらいには会場入りしたいですね。

電車も同様で、最寄駅から会場までは近いですが、
非常に混雑します。

特に
行きよりも帰りがものすごいことになるのは間違いないです。

臨時列車なども用意されていますが、
それでも捌ききれていませんので、
こちらも覚悟の上で行きましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)