乾癬という皮膚病の原因と治療。治らないと言われる症状について

乾癬(かんせん)という皮膚病がありますが、
治らないと言われている病気です。

また、皮膚の病気のために、
どうしても見た目に大きな影響を与えてしまい、
それで悩まされている人も多いです。

そんな乾癬について
原因や治療法、治るのか治らないのか
ということについて紹介していきたいと思います。

悩む人が多い病気だからこそ
しっかりとした知識を学んで欲しいです。

SPONSORED LINK

乾癬(かんせん)って?

乾癬という病気がありますが、
これは皮膚病の1種になります。

どういった病気かというと、
皮膚が赤くなり、
表面がカサブタになりポロポロと落ちてくる病気になります。

昔は、日本人にはそれほど多い病気ではありませんでした。

どちらかと言えば、
白人の方に多い病気でした。

しかし、
生活環境の変化などから、
今では日本でも多くの方が乾癬に悩まされています。

 

乾癬の症状は?

かんせんという症状
乾癬の症状は下の通りです。

 ・赤くなる(紅斑)
 ・カサブタのようになる(鱗屑)
 ・ボロボロ落ちてくる(落屑)

こちらの動画でも紹介されています。

【膿疱性乾癬(汎発性)2分で分かる医療動画辞典】

こちらの動画では
乾癬の中でも膿疱性乾癬と呼ばれるもので
膿が貯まったものとなります。

こちらも乾癬の1種であり、
乾癬だけでもいろんな症状があります。

 

乾癬の原因はどこにある?

原因はストレスか
原因は様々言われていますが、
元々持っている内的な要因と
外的な要因が組み合わさって発症することが多いようです。

外的な要因は
ストレスや気候の変化や生活環境の変化なども含まれます。

つまり、
誰にでも外的要因として原因はあると言えます。

もちろんそういったストレスが
どの程度かかれば発症するというところには個人差がありますが、
最近は日本も生活環境が変化してきたことにより、
昔に比べて患者の数が増えてきています。 

 

治療法はあるの?

皮膚病の治療はたくさんある
外用療法や光線療法、内服療法など
いくつか治療法はあります。

外用療法では、
ステロイドなどが一般的です。

また、
乾燥を防ぐための保湿剤が使われることが多いですが、
使う薬によっては
副作用が確認されているケースもあるため注意が必要です。

外用療法が効かないケースでは、
内服薬での治療法が行われます。

最近は治療の選択の幅も広がっているために、
患者それぞれが自分に適した治療法を選べるようになっています。

 

治るのか?

治る病気であってほしい
乾癬の根本的な治療法は見つかっていない。

これが残念ながら乾癬の真実です。

しかし、
乾癬を発症した方はこれを頭に入れておく必要があります。

なぜなら完治するという甘い言葉で
様々な民間療法が行われているからです。

民間療法が決して悪いとは言いません。

しかし、
玉石混淆(ぎょくせきこんこう)であることもまた事実です。
玉石混淆とは、

良いものとそうでないもの、
あるいは優れたものと劣ったものが、
区別なく入り混じっていることのたとえ。

中には高額な料金だけ請求して、
効果はまったくないという悲しいケースもあるので
注意が必要です。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)