金魚の飼い方は水槽がポイント?金魚鉢での飼育方法とは

金魚の飼い方で大事なポイントはいくつかありますが、
その中でも水槽というのは非常に大事なポイントの1つです。

金魚を健康的に飼う上で
水槽が大きなウェイトを占めていると言ってもいいほどです。

では、
金魚を飼う上でどういった水槽がポイントになるのか?

また、
金魚鉢で飼育する場合に
気をつけなければならないことは何か?

こういったことを紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

金魚の飼い方

金魚を飼いたい!
金魚の飼い方ですが、
まず大事なのは金魚が生活する水の量です。

どうして水の量が大事かというと、
水が多ければ多いほど汚れにくいためです。

水が汚れにくければ、
金魚を健康的に飼うことが出来るので、
出来るだけ水は多いほうが良いということになります。

こちらの動画では水槽の中にたくさんの金魚などがいますが、
これが悪いと言うわけではありません。

たくさんいれば、それだけ見ていて楽しいです。

ただ、
その場合は水の汚れには気を付けて、
こまめに洗ってあげることが大事になります。

【金魚水槽】

また、
金魚の飼い方で大事な餌やりですが、
1日に1回ないしは2回で十分です。

食べ残しは水質の悪化に繋がるので
食べきれる量を入れるのがポイントです。

金魚が病気になったら「塩浴」をしましょう。

 

水槽と金魚鉢のどちらが?

金魚鉢は鑑賞に
金魚鉢
は見ていると風流ですが、
水量の問題があります。

ですので、
金魚鉢で飼育する時は
少ない数の金魚を飼うと考えておいたほうが良いです。

もしくは基本的には水槽で飼育し、
観賞用として
金魚鉢に何匹か入れて飼育するという形が良いかと思います。

どちらが良いということはありませんが、
どちらで飼育するにせよ、
それぞれの利点・欠点を理解した上で飼育することが大事になります。

 

水温や酸素、水草の環境について

水草に喜ぶ金魚
金魚を飼う上で水温や酸素は非常に大事です。

水温は15~28℃ぐらいに保つと
金魚が快適に過ごすことが出来ます。

また、
酸素はエアーポンプなどで
水中に酸素を供給して上げる必要があります。

金魚は水中の酸素をエラから呼吸していますので、
水中の酸素がなくなってしまうと生きていくことが出来ません。

水草は見た目も華やかになりますし、
金魚も安心して生活することが出来るのでオススメです。

ただし、
天然ものと人工ものがあるため、
どちらのタイプを使うかはよくよく考える必要があります。

 

水換えは必要?

金魚を飼育する上で
水槽の水換えは必須です。

大量の水で飼育していて、
濾過機などを用いている場合は水が汚れにくいですが、
定期的に水換えして上げることによって
金魚は元気に生活してくれるでしょう。

水換えのタイミングは水が汚れてきたと感じたらですが、
季節的には
夏は1~2週間に1回ぐらいのペース、
それ以外の季節はもう少し少なくてもOKです。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)