布ナプキンの効果で妊娠できた!?メリット・デメリット&オーガニックのおすすめ

布ナプキンって
市販のナプキンよりも良いって
いろんなところで聞きますけど、

実際はどうなんですかね?

確かに市販のナプキンを使い続けてて良いのかな?
っていう疑問はあるし、

布ナプキンだと妊娠出来たり、
「生理痛が激減した」なんていう話も聞きます。

女性なら誰もが気になるところだと思いますが、
なかなかデリケートな話だけに
人には相談しにくいところでもありますよね。

そこで、今回は、
この布ナプキンについて調べてみたことを書いてみます。

実際に使った体験談や
メリットにデメリットまで気になることを紹介します。

布ナプキンが気になっている方やまったく聞いたことがないという方も、
布ナプキンについて理解して、気になる部分を解消してみて下さい。

布ナプキンの効果とメリット


布ナプキンがどういうものかというと、
使い捨てのナプキンとは違い、
洗って繰り返し使うことが出来る布製のナプキンです。

ドラッグストアなどに行けば、
たくさんの種類の使い捨てナプキンが販売されているので、
ナプキンと言うと、この使い捨てというイメージが強くなっていますが、

実は布ナプキンというのも、
一部の女性からは根強い人気を誇っているのです。

その理由としては、
布ナプキンでしか得られない効果メリットがあるためで、
使い捨てナプキンばかり使っていて
「そんな効果があるなんて知らない」
という人はもったいないほどです。

では、具体的に、
布ナプキンにはどういうメリットがあるのか?

1つずつ紹介してみたいと思います。

 

メリット①:温かい

使い捨てナプキンを使っていると、
どことなく冷たいなと感じたことはないでしょうか?

使い捨てナプキンは化学繊維で出来ているため、冷たいのも当然で、
いつの間にかそれが当たり前となってしまっている人も多くいます。

しかし、布ナプキンであれば、
こういった付けた瞬間の冷たいというものはありません。

単純に布を当てているということになりますので、
保温性に優れているのです。

布ナプキンには様々なメリットがありますが、
何を取ってもこの温かさに魅了されて使う人が多くなっています。

女性にとって身体の冷えというのは大敵ではあり、
様々な不調の原因になってしまいます。

その冷えを少しでも改善するという意味では、
この布ナプキンは効果的なのです。

冷えが改善されることによって、
生理痛が緩和されたり、
生理周期が正常に戻った、
などの効果が出た方もいます。

また、冷えというのは、
不妊の原因の1つだとも言われておりますので、
布ナプキンによって、
妊娠する確率を高めることが可能になるのです。

妊娠したいと願っている女性であれば、
布ナプキンにして、
まずは妊娠しやすい身体作りをすることも、
大切なことになります。

 

メリット②:ムレにくい

使い捨てのナプキンは、
吸収性や保水性などに優れているというメリットがある一方で、
非常にムレやすいというデメリットも存在しています。

このムレが非常に不快だと感じている人もいますが、
これに対して、布ナプキンというのは、
ムレにくいというメリットがあります。

これは
使い捨ての化学繊維のナプキンに比べて、
布ナプキンは通気性に優れているためです。

ナプキンのムレによって、
かゆみであったり、かぶれといった症状が出ることもあり、
そういった肌ストレスを抱えている女性というのは少なくありません。

そのような点でお困りの方は、
布ナプキンを採用することによって、
ムレを抑えることが出来、
肌ストレスを解消することに繋がるでしょう。

 

メリット③:臭いが気になりにくい

ナプキンというと、
臭いが非常に気になるという人がいます。

そして、その理由は
経血によるものだと考えられていますが、
実はこれは間違いです。

排出されたばかりの経血というのは、
実は何の臭いもしません。

では、どうして臭くなるのかというと、
それは、排出された後、
時間の経過とともに雑菌が繁殖してしまうことになるからです。

雑菌が繁殖されることによって、
不快な臭いが出てしまうために、
ナプキンが臭いということに繋がっているのです。

使い捨てのナプキンは吸水性が高く、
どうしても交換するタイミングが遅れてしまい、
雑菌が繁殖しやすくなっています。

そのため
臭いが出てきてしまうことになるわけですが、

一方、布ナプキンは、
こまめに交換するようになるため、
雑菌が繁殖しにくいのです。

これは
「布ナプキンの吸水性が高くない」
ということが理由ではありますが、
それだけ清潔に保つことに繋がるわけです。

もちろん使い捨てナプキンであっても、
こまめな交換によって、
臭いが出にくい状態を作ることは可能ですが、

比較すると、布ナプキンを使用した方が、
臭いは出にくい状態になることは間違いありません。

 

メリット④:皮膚からの毒吸収の心配がない

様々な有害物質を身体に取り込んでしまう経路というのは様々で、
例えば口などはその代表的な1つです。

そして、
こういった有害物質が
身体に入り込む経路の1つに皮膚があります。

皮膚を通して身体の中に有害物質が入ってくる
というケースもあるわけですが、
使い捨てナプキンを使用すると、
それに使用されている化学物質が身体に吸収されると言われています。

しかも、
その吸収率は高く、
腕などの皮膚に比べておよそ40倍
とも言われていますので、
多くの化学物質を身体に取り込んでしまっているということになるわけです。

そして、
こういった化学物質を取り込むことで、
アレルギーが出たり、
妊娠しにくい
といった症状に繋がると言われています。

その点、
布ナプキンを使用することによって、
化学物質を身体に吸収するということがなくなるため、
アレルギーなどの心配はないということで、
注目を集めているのです。

この皮膚から毒を吸収するという考え方は、
賛否両論あるのが実態ではあるものの、
やはりデリケートな部分でもありますので、
心配になってしまうところもあるかと思います。

布ナプキンを使えば、
そういった点での不安というのは解消することが出来るわけです。

 

メリット⑤:経済的

布ナプキンは、
使い捨てナプキンに比べれば、
1枚当たりの価格というのは、もちろん高くなっています。

しかし、布ナプキンは
洗って繰り返し使うことが出来ますので、
経済効果を確認するのであれば、
その点を考慮しなければなりません。

布ナプキンの1枚当たりの価格というのは、
おおよそ1,500円程度となっていますが、

これが常時、6枚程度あれば十分ですので、
初期投資としては9,000円程度になります。

布ナプキンのおおよその寿命としては3年程度と言われていますので、
3年間は9,000円で済むことになります。

これに対して、使い捨てナプキンですが、
1か月でおおよそ500円程度です。

これが年間で6,000円となり、
3年間では18,000円ですので、
布ナプキンと比較すると
およそ倍の金額がかかるということになります。

年間で計算すると、
おおよそ3,000円ということになりますが、
長い目で見れば、
大きな金額の差になって表れてくるのは間違いないでしょう。

 

メリット⑥:環境に優しい

使い捨てナプキンは、
その名前の通り、使って捨てるタイプとなっているので、
使ってしまえばゴミとなります。

それに対して、布ナプキンは、
使い捨てではありませんので、
一度や二度使っただけではゴミにはなりません。

ゴミを発生させない、
すなわち環境に優しいという点においても、
  布ナプキンは優れているということになります。

女性が一生の間に使うナプキンの数は
一万個ともいわれています。

このゴミを大きく減らせるというのが、
メリットの1つでもありますね。

 

メリット⑦:デザインが可愛い

使い捨てナプキンもデザインは様々ありますが、
それでも、それほど多くのバリエーションがあるわけではなく、
しかも、中には無地のものもあったりします。

なかなか使い捨てナプキンにデザイン性を求めるというのは、
使い捨てだけあって難しいのかもしれませんが、
布ナプキンとなれば、話は違ってきます。

布ナプキンには、様々なデザインのものがあり、
使い捨てでは見ることが出来ないような、
ピンクや水色といったカラフルなものもあります。

せっかく使う物であれば、
デザインにこだわりたいという人も多いかと思いますが、
そういった希望も満たしてくれるのです。

 

このように
布ナプキンには、
様々な効果やメリットが存在しています。

今まで使い捨てしか使ってこなかったっていう人も、
一度試してみると、
今までが嘘のようにすっかりハマってしまう人も多いです。

もちろん布ナプキンならではの注意点というのもありますが、
試してみても損はないんじゃないかと思いますね。

 

布ナプキンのデメリット


たくさんのメリットがある布ナプキンですが、
一方、デメリットがないかというと、
そんなこともありません。

メリットがある一方で、
デメリットというのも存在しているのです。

では、続いて、
布ナプキンに抱えるデメリットについて紹介します。

 

デメリット①:洗濯しなければならない

ズボラな方にはちょっと大変なのがコレです。

何度も使えるというのは「洗うこと」が前提ではありますが、
この洗う手間が発生するというのがデメリットの1つ目です。

後ほど、紹介しますが、
経血がついているために普通に洗濯機に入れるわけにもいかず、
少し念入りに洗ってあげる必要もあります。

使い終わったら捨てるだけ
で良かった使い捨てタイプと比べると少し手間ではあります。

 

デメリット②:干す場所を選ぶ

洗った後はもちろん干さなければ乾きませんが、
この干す場所というのが問題です。

出来れば日光に当てて、天日干しにしてあげるのが一番ですが、
外に堂々と干すのもはばかれますよね。

また、
室内干しでも家族の目もありますので、
こちらはこちらで問題です。

このように
干す場所を選ぶというのも、
デメリットの1つと言えるかと思います。

 

デメリット③:吸水性に劣る

使い捨てナプキンは、
高分子のポリマーで出来ているために、
吸水性という点では非常に優れています。

それに対して、布ナプキンは
残念ながら吸水性という点では劣っており、
こまめに交換してあげる必要があります。

こまめに変えてあげることに繋がるため、
「雑菌が繁殖しない」などのメリットが得られるわけですが、
性能という点においては、少し劣るということになります。

 

デメリット④:清潔さの違い

使い捨てナプキンは、
言ってみれば毎回、新品を使っている状態ですので、
常に清潔だと言えます。

それに対して、
布ナプキンはいくら洗濯しているとは言え、
年数が経過すれば劣化し、傷んできてしまいます。

もちろん洗濯や干すが不十分であれば、
傷みはさらに早いでしょう。

こういった清潔性という点においても、
あくまで自分の管理次第ではありますが、
毎回新品で使うことが出来る使い捨てに比べると
不安要素と言えるかもしれません。

 

このようなデメリットも
布ナプキンには存在しています。

布ナプキンと使い捨て、
それぞれに良しあしがありますので、
何を目的なのか明確にすることで、
正しい選択が出来るかと思います。

 

布ナプキンは漏れる?


布ナプキンを使っていると、
「漏れる」という話が聞こえてくることがあります。

これは決して間違いではありません。

先ほど、デメリットのところで紹介したように、
布ナプキンは、
使い捨てのナプキンに比べて吸水性に劣るために、
どうしても漏れる可能性が高くなるのです。

ただ、
これは単純に性能だけで比較した時の話です。

現実問題として、漏れるかどうかというと、
使い捨てナプキンよりも漏れることは少ないかなと思います。

その理由は非常に単純で、
布ナプキンを使っていると、
経血が流れる感覚が非常によく分かるためです。

そのため、
使い捨てナプキンを使っているときよりも、
交換するタイミングなどが計りやすいので、
結果として漏れにくいのです。

確かに吸水性の問題から、
自然とトイレに行く回数は増えることになりますが、
漏れるよりはマシですよね。

また、個人差はあると思いますが、
布ナプキンを使うことによって「経血が減ること」へ繋がります。

吸水性が多少劣る布ナプキンでも、
十分な量となることで、
漏れることは少なくなるのです。

そのほか、
布ナプキンにも使い捨てと同じように、
様々なバリエーションがあり、
多い日用や寝る用などがあります。

これらを上手く使い分ければ、
布ナプキンだから漏れるということはなく、
むしろ漏れにくいというのが使った感想です。

 

布ナプキンの使い方


布ナプキンを使うときは、
その使い方には注意する必要があります。

難しいことはありませんが、
気にして使わないと、
余計なトラブルを引き起こしてしまう可能性があるからです。

では、
使う上でどういったことに注意しなければならないか
というと・・・

 

①:自分専用にする

経血などが付着するものですので、自分専用にするのは当然です。

 

②:こまめに変える

清潔に保つためにも、こまめに変えることが大切。
これは使い捨てでも一緒ですが・・・

 

③:清潔に保つ

丁寧に洗うことで、清潔に長く使うことが出来ます。
出来れば天日干しなどもしたいところです。

 

④:洗濯した後は周辺を綺麗に

他の衣類に付着するなどないように、周りも綺麗に掃除しましょう。

 

こういった点を注意して使う必要があります。

その中でも特に大事になってくるのが、
「しっかりと洗濯すること」です。

清潔に保つためには何よりも必要なことですので、
洗濯の方法についても紹介します。

【準備する道具】

  • 小さいバケツ
  • 洗剤
  • セスキソーダ

 

【洗い方】

  •  使用した布ナプキンを準備します。
  • バケツに水を張り、そこへセスキソーダを入れます。
  • セスキソーダが溶けたら、ナプキンを投入し、半日から1日ほど放置します。
  • 放置後、布ナプキンを取り出し、普通に洗濯するのと同じ要領で洗濯します。

洗い方としては、たったのこれだけで十分です。

セスキソーダが汚れを落としてくれますので、
これだけ準備することが出来れば「ほぼ完了した」
と言えるでしょう。

 

布ナプキン、オーガニックのおすすめ品


ここまで読んでいただいて、
実際に「布ナプキンを使ってみたい」と思った人も多いと思います。

ネットなどで調べてみると、
思った以上に布ナプキンを販売しているところは多く、
目移りしてしまうのではないでしょうか。

あっちもこっちも見ていたら、
結局、どれを購入して良いかわからないとなる人もいると思いますので、
初心者にオススメの布ナプキンを紹介してみたいと思います。

どの布ナプキンを購入して良いか迷った方はぜひ参考にしてみてください。

 

①:おためし3日間はじめてセット (nunona)


まさに布ナプキンをこれから始めたいという人のための、
初心者向けセットがこちらです。

いきなりいろいろと買うのは抵抗があるという人でも、
3日間分のこのセットであれば、
気兼ねなく購入することが出来ると思います。

このセットには、
おりもの、昼、夜とバリエーションも様々入っていますので、
布ナプキンの一通りの良さを感じることが出来ると思います。

デザインなども豊富であることから、
自分好みのセットを見つけてみてください。

 

②:オーガニックコットン トライアルセット(Linten)




こちらもこれから布ナプキンを始めてみたいという人に
とってもオススメの1つになります。

普通の日と多い日用が入っており、
布ナプキンがどういったものなのかということを、
体験してみるにはちょうど良いかと思います。

他にもミニ洗剤と脱臭袋が入っており、
細かいところにも気づかいが行き届いているセットです。

ケミカルな加工は一切されていませんので、
身体に安心して使えることが出来る物となっています。

コットン100%で、
もちろんオーガニックコットンですから、
その点もうれしいところではないでしょうか。

 

これから布ナプキンを始めようという方は、
ぜひこれらのセットを利用して始めてみてください。

どちらも利用させていただいていますが、
使い捨てのナプキンには戻れなくなるほど、
快適な使い心地になっています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。



 

布ナプキンの作り方


布ナプキンを買い足していくのに、金銭的に厳しい
という方は、「自作する」というのも1つの方法です。

様々な方法で布ナプキンを自作することが出来ますが、
利用する物としてオススメなのが、
子供用のよだれかけです。

スタイと呼ばれるものですが、
使わなくなったスタイをナプキン用にカットし、
布オムツライナーを真ん中のパッドとして使えば十分です。

パッドを挟み込んだ後は、
フチをミシンで縫ってしまえば完成となります。

始めて作る時は
「漏れないか」など不安になると思いますので、
まずは
普通の布ナプキンの形状を真似して作ってみると失敗は少ないです。

そのうち慣れてくると
自分用の形状というのが分かってくるので、
より快適なナプキンを作ることが出来るようになるはずです。

 

まとめ


布ナプキンについては、
正直、知っている人は知っているアイテムだよねって思います。

使っているほうからすると、
どうしてこんなに快適なのにみんな使わないんだろう
と不思議に思うほどです。

もちろん
洗濯したり、清潔に保ったりという手間はありますが、
それ以上に得られるメリットは大きいものばかりです。

今まで知らなかったという人は、
ぜひこの機会に布ナプキンを使ってみてはいかがでしょうか?

不妊の改善などにも繋がると言われていますし、
女性の大敵である冷えともオサラバすることが出来ます。

何より自分だけのナプキンを持つと、
今までナプキンに抱いていたイメージというのが大きく変わり、
前向きになる気がします。

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)