プチプチの裏表で断熱効果が変わる?貼り方は?夏も使える。

プチプチは梱包材ですが、
最近は断熱材としても人気です。

このプチプチを使った断熱効果ですが、
裏表で効果が違います。

それってご存知でしたか?

実は張りやすいほうを張ってしまうと危険です。

今回はそのところを解説しますね。

プチプチとは

プチプチの名前
梱包材や断熱材に使われるプチプチ。

何よりも潰してストレス発散!
という人も多いかもしれません。

そのプチプチというのは、
気泡緩衝材というもので、梱包材の1つです。

その名前は様々あり、
プチプチというのは商標の1つです。

他にもエアパッキンや
エアクッションという名前でも売られています。

形状はシートに突起状のものがたくさん形成されており、
その中に空気を閉じ込めることで
クッション材としての役割を果たしています。

その突起を潰すと
プチっと小気味良い音がしてストレス発散にもなります。

こんな商品もあるほどです。

【∞(むげん)プチプチ】

∞プチプチというおもちゃの動画になります。

四角いマスにプチプチの突起がついていますが、
押すとプチっと音がします。

この快感を何度も味わうことが出来るのが、
∞プチプチなのです。

 

裏表の向きはどっち?

プチプチ英語
このプチプチですが、
裏表はどちらなのでしょうか?

実はこの裏表問題については、
特に決まってはいないのだそうです。

何を梱包するかで使い分けるのが正しいようで、
基盤などの場合は
突起を内側にするとひっかかってしまうので、
プチプチを外側にします。

また、プチプチの商品としては、
両面が平のもの、
プチプチを挟み込んだような商品も存在します。

使い方については、
お好みでという要素が強いようですので、
梱包するにあたっては
裏表を気にする必要はありません。

 

断熱材効果は裏表で変わる?

梱包する際に
裏表は気にする必要はないと書きましたが、
断熱材として使うのであれば話は別です。

断熱効果を得る場合は、
プチプチの突起のほうを窓に向けたほうが、
断熱効果を得ることが出来ます。

これは空気層の問題になりますが、
突起側を窓に向けたほうが、
空気層がより多くなるからです。

断熱材として効果を得たい場合は、
その向きには十分に注意しましょう。

 

貼り方

断熱材として使用する際の
プチプチの貼り方ですが、
突起側を窓に向けるというのは
既に説明しました。

そして、
実際に貼る際は
メンディングテープを使いましょう。

メンディングテープをまずは窓に貼り、
その上に両面テープを貼り付けます

こうすることで、
テープを剥がした後、
窓にテープの後が残りません。

窓に直接両面テープを貼ってしまうと、
後が残ってしまうので、
掃除する時に苦労することになります。

 

夏にもプチプチで断熱

By: ajari

夏にもプチプチで断熱効果を得ることが出来ます。

この断熱効果は
外からの熱気もそうですが、
中の冷気を逃がさない
という意味でもあります。

そのために
室内はエアコンなど空調が効いている前提です。

ただ当然ですが
プチプチを貼っただけでは涼しくはなりませんので、
注意が必要です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です