濃尾大花火 穴場スポットは一宮 or 羽島?ドコがイイのか教えます!

濃尾大花火は
大変古い歴史を持っています。

その濃尾大花火を楽しむためには、
どこが良いのか?

あまり知られていない穴場スポットがあれば便利ですよね。

そこで、今回は、
濃尾大花火大会の穴場スポット
について紹介したいと思います。

これを読めば、
どこが良いか一発で分かっちゃいます。

濃尾大花火の魅力

濃尾大花火の魅力、
それは長い歴史に裏打ちされた美しい花火に他なりません。

100年以上もの歴史を持つ濃尾大花火では、
尾張で一番の2尺玉や
逆ナイアガラ、スターマインなど
数々の花火が打ちあがります。

どれも非常に美しい姿で夜空を彩ってくれますが、
これがやはり濃尾大花火の魅力であり、
多くの人を惹きつけるポイントです。

1時間の間に5,000発も打ち上げられるのには、
まったくと言っていいほど飽きもこなければ、
間延びした感じもありません。

一度体験すれば分かりますが、
まさにあっという間の出来事です。

そういった意味では、
時を忘れさせてくれる花火とも言えるんじゃないでしょうか。

 

濃尾大花火 穴場スポット

By: bizmac

美しい花火を堪能出来る濃尾大花火ですが、
有料席というものがあります。

そのため、どこで見るかが非常に大切です。

そうなってくると
大切なのが、穴場スポットですが、
ここでは花火を思いっきり楽しむことが出来るポイントを紹介します。

 

① 濃尾大橋河川敷


臨場感を楽しみたいならココがベストポイントです。

穴場と言うよりは、多くの人が知る人気スポットですね…。

ここで見たいなら
早くから場所取りすることをオススメします。

 

② 尾張猿田彦神社


こちらは、
当日お祭りをやっているので、ダブルで楽しめます。

花火大会のスタートを待っている間は、
こちらのお祭りを楽しんで待ちましょう。

 

③ 尾西記念病院


花火大会当日は、
解放してくれる素晴らしい場所がこちらです。
(注)現在はこちらの病院、安全確保の為、
 屋上開放および駐車場の開放は行っていないそうです。
 今後も開放予定はないとのことです。

アクセスも便利なので、行きやすいのも良いですね。

 

 

このように
濃尾大花火にはいくつかの穴場スポットがあります。

一宮側にも羽島側にも
まだまだ穴場スポットはあると思いますので、
ぜひ自分だけのスポットを探してみる
というのも良いんじゃないかと思います。

 

花火大会の場所取りのコツとは

花火大会には付き物の「場所取り」ですが、
これにはいくつかコツがあります。

その中でも、とっても大切なのは
「一人で場所取りしないこと」です。

場所によっては、
炎天下の中で待つことにもなるため、
複数人で場所取りを行い、
交代で休むなどするのがベストです。

何かあったら、皆、楽しくないですからね。

また、ルールを守ることも大切です。

濃尾大花火大会では、
前日からの場所取りは禁止されていますが、
このようにルールを守ってこそ、
花火大会も楽しく観覧することが出来ます。

「自分だけ」なんて決して思うことのないようにして下さいね。

 

 

 

1 Comment

尾西記念病院

尾西記念病院職員です。濃尾大花火ですが、当院ではここ数年安全確保の為
屋上開放および駐車場の開放は行っておりません。
今後も開放予定はありませんので、すぐに削除をお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です