女性の腰痛の原因は特徴がある?そこには婦人科の病気が潜んでいる?

女性の腰痛の原因には
どういった特徴があるのでしょうか?

男性には見られない原因によって
腰痛になってしまうケースがあります。

それは
婦人科の病気が原因のケースですが、
婦人科の何の病気が潜んでいるのでしょうか?

今回は、
女性の腰痛の原因について説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

女性特有の腰痛とは

かわいい女性の腰痛
腰痛は
男性も女性も起こりうるものですが、
その原因は様々あります。

しかし、
原因の中には
女性にしか見られない原因というものがあります。

それが婦人科の病気が潜んでいる場合です。

男性には見られない原因ですが、
女性にとっては深刻な原因の1つです。

 

次の動画をご覧ください。

【女性の腰痛専門】

動画は
女性専門の腰痛の整体の方が
腰痛について解説してくれています。

女性の腰痛の多くは
婦人科の病気が原因であることが多く、
婦人科の病気を解消することによって、
自然と腰痛も解消されることになります。

動画にあるような女性専用の整体などもあるため、
原因が分からず、
婦人科の病気の可能性があるのであれば、
こういった女性専用の整体に言ったほうが
相談しやすく、 良いかもしれません。

 

婦人科の病気とは

女性の婦人科病
どのような婦人科の病気が、
腰痛に繋がるかというと、
下記のものが代表的なものとなります。

 ・子宮内膜症
 ・子宮筋腫
 ・子宮がん
 ・子宮頸管炎

これらの子宮に関する病気
腰痛を引き起こす可能性があります。

子宮は腰に近いために、
密接に関係してくるということになるわけです。

腰痛からこういった婦人科の病気に気付くことは、
知らなければなかなか難しいです。

ですが、
子宮の病気は
どれも放っておくと重大なケースになるものばかりですので、
女性の方は腰痛に悩まされた場合、
子宮の病気かもしれないということを
頭に入れておいたほうが良いです。

 

ハイヒールの影響

女性がオシャレのために
ヒールの高い靴を履くことがあるかと思います。

このハイヒールですが、
腰痛を引き起こす原因となります。

足が長く細く見えるために
毎日履いているという人もいるかもしれません。

しかし、
腰痛で悩まされているのであれば見直したほうが良いです。

どうしてもヒールを履くと身体が前に傾いていき、
腰に負担がかかります。

かかとが高く浮いている状態なので
カラダが前に倒れようとするので
背中や腰、おしりなどで
前に倒れないように筋肉の緊張がとても強くなります。

背中やおしり、太ももの筋肉なども
腰痛にはとても関連性が高い部位なのです。

ここらの筋肉の拘縮が強くなることで
腰への負担が更に増すのです。

結果として、
腰痛を引き起こすことになってしまうので、

極力、スニーカーなどを履き、
必要な時のみヒールの高い靴を履くなどして、
出来るだけ腰に負担をかけないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)