皆既日食と金環日食の違いをわかりやすく解説。地震が起きる?

皆既日食金環日食については、
どちらも同じ日食ですが、
大きな違いがあります。

その違いについて説明したいと思います。

日食に興味がある人じゃないと
なかなか知らなかったりするんですよね。

ぜひともその辺り、
しっかりと理解して欲しいです。

SPONSORED LINK

皆既日食と金環日食

By: t-mizo

日食と言うと
皆既日食や金環日食、部分日食
なんていうものもあります。

特に
皆既日食と金環日食は
似たような認識の人、
それぞれ同じだと思っている人もいますが、
明らかに異なる2つです。

まずは、
実際にどんなものかを見てみると分かりやすいです。

金環日食 一部始終の様子】

 

皆既日食 in 奄美 2009.7.22】

2つはそれぞれの日食の様子ではありますが、
隠れる部分の大きさが異なるのがよく分かると思います。

日食における大きな違いはここであり、

皆既日食は
すっかり暗くなるのに対して、

金環日食は、
隠れはするものの、
太陽が全て隠れきるというわけではないのです。

 

ふたつの違いは?

先ほど、
皆既日食と金環日食について紹介した際、
後半のほうで少し解説しましたが、
ふたつの違いは、隠れる面積の大きさです。

そもそも日食というのは、
太陽が月に隠れることで起きるものです。

どちらも同じ月で隠れるのに
どうして隠れる面積が異なるのか?

これは、
地球の公転が太陽に対して
綺麗な円を描いていいないことにあたります。

地球が太陽から離れ、
月と近い時、距離と大きさの関係から、
すっかりと隠れる皆既日食が起こります。

それに対して、
太陽との距離が近く、
隠れきれない場合は金環日食となるのです。

どちらも原理は同じですが、
距離などの関係からそのような違いとなるのです。

ちなみに、
皆既日食の場合はすっかりと隠れてしまうため、
一時的ではありますが、
辺りは真っ暗になります。

金環日食のほうは
太陽光が漏れてきますので、
暗くはなりますが、
真っ暗というほどではありません。

 

地震が起きるってほんと?

日食については、
様々な言われがありますが、
地震が起きるなんていうのもそういった説の1つです。

結論から言えば、
はっきりとした因果関係というのは
明らかにはなっていません。

ただし、
過去の日食の際に地震が起きているという事実はありません。

そのため
日食が来たからと言って、
過度におびえる必要はまったくないのです。

分かっていないということは
来るかもしれませんし、来ないかもしれません。

それぐらいに思っていたほうが良いのではないかと思いますね。

関連記事:「金環日食と皆既日食はいつ日本で観れる?」

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)