クワガタの幼虫の育て方ー上手な飼育方法とエサで大きくする?

クワガタを幼虫から育てるのは楽しいですが、
同時に奥が深いです。

なかなか上手に飼育出来ないのですが、
上手くいかないのもまた楽しかったりします。

今までの飼育方法について書いてみたいと思いますので、
これからチャレンジする人はぜひ参考にして貰いたいと思います。

と同時に、自分もますます精進しなければ!!

SPONSORED LINK

クワガタの幼虫の育て方

クワガタの幼虫の育て方ですが、
基本的には
室内で、個別で育てることになります。

よく大きなガラスケースを買ってきて、
その中にたくさんの土を入れて、
幼虫をたくさん入れるという飼育方法を思い浮かべる人もいます。

カブトムシの場合は
これでまったく問題ないのですが、

クワガタの場合は、
幼虫同士がケンカしてしまうので、個別で育てたほうが良いです。

もちろん数が少なくなることを覚悟の上なら、
大きなガラスケースでの一括飼育でも問題はありません。

 

大きく育てる飼い方は?

クワガタ幼虫
せっかく育てるなら
大きく育てたいと思うのではないかと思います。

色々と工夫するポイントはありますが、
基本的な飼い方として、
飼育場所を大きめに用意してあげるということです。

実はこれが大きく育てるためには大切で、
小さな容器で育てていると、小さくしか育ちません。

少し大きくなってきたかなっていうところで、
早め早めに大きな容器に移してあげると、
容器の大きさにつられるのか、幼虫も大きく育ってくれます。

ただ、大きな容器をいくつも置くのは場所も取りますし、
家の環境としてなかなか難しいところもあります。

ウチもこの容器の置き場については、
家族との駆け引きが行われます。

具体的には、
私&息子 対 妻&娘です(笑)

 

エサやりのコツ

戦闘クワガタ
通常、
発酵マットを使ってクワガタにエサを上げることが多いですが、
より大きく育てるためには、
育てられるクワガタに限りはあるものの、
菌糸ビンを使うと効果的です。

これはきのこの菌が入ったものとなり、
こういった菌が、クワガタが成長するのを助けてくれます。

菌糸ビンは簡単に手に入りますので、
その中に幼虫を入れるだけです。

楽天で菌糸ビン販売しています。

ただ、菌糸ビンを使う場合は、
この菌の管理が加わってきます。

そのため、
どこに置くのかっていうことが非常に重要になります。

環境に大きく左右されるために、
直射日光が当たらず、
温度は20~25℃ぐらいが保たれている場所が理想です。

家の中でそういった場所を確保するために、
家族とのバトルになるわけですが、大きく育てるためには仕方ありません。

 

温度管理は?

クワガタエサ
菌糸ビンを使う場合は、
温度は20~25℃ぐらいが良いです。

そうでない場合は、
もう少し低くても構いません。

0℃を下回ることがなければ、大丈夫です。

10℃を下回ると冬眠する
と言われており、動かなくなります。

ちょっと心配にもなってきますので、
最低でも15℃ぐらいはキープしてあげるようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)